薬剤師の働き方

薬剤師は医療系の専門職であり、病院をはじめ薬局やドラッグストアなど沢山の場所で活躍されています。近年では、ジェネッリック医薬品などの導入で薬の量が増えたことや、患者様への説明責任が必要になってきました。以前は4年生の大学で国家試験受験資格が取得できましたが、平成20年頃より6年生の大学へと変更されました。それ以前に大学卒業をされていた方は、そのまま働くことができていますが、薬剤師の専門性が上がったと言えるでしょう。大学を卒業した後に、国家試験に合格すると薬剤師として働くことができます。
病院での勤務では夜勤業務もあります。飲み薬の調剤はもちろんですが、点滴や麻薬などの管理にも携わることがあります。最近では、入院中の患者様との面談を行い薬の説明等も重要な業務の一つです。
薬局は日中の業務が中心で、お薬を作るのがメインの業務です。病院で医師が処方した処方箋をもとに薬を調剤します。お薬手帳をもとに、薬が重複していないのか確認もします。薬の飲み方や注意事項等、患者さんに分かりやすく説明します。
ドラッグストアでは日中のみの仕事が多いので、女性にも働きやすいと思います。パートでの雇用も見かけるので、ライフスタイルに合わせた働き方ができると思います。お客様の症状を聞いて、合ったお薬を提案し販売するのが主な業務です。
薬剤師は、医療系の専門職の中でも待遇がよく、お給料もいいところが多いです。大まかですが、時給にすると2000円前後になります。

関連ページ

実際に薬剤師として働いた体験談
私の場合は、大学の薬学部を卒業するときに薬剤師の国家試験に合格してから、病院の薬剤師の仕事についたのですが、職場の環境があまり良くなかったために、病院に来ていた薬の卸問屋さんの紹介で…