ブランクの在る薬剤師有資格者を助けてくれる支援業者の存在

薬科大学や薬学部を卒業する事によって、薬剤師の資格を取得する事が可能となります。薬剤師の資格ですが、2006年4月以降から6年制となった薬学教育を修了し、大学を卒業しなければ取得はできません。そのため、一般の4年制大学と比較すると社会に出るのが若干遅くなるという難点もあります。
ただ、薬剤師の有資格者ですが、就職先は製薬会社、ドラッグストア、では常駐していて且つこれらの事業所では幹部候補として優遇される事になっています。また、パートタイマーとして働く場合、時給は2千円以上が保証されます。他には、薬局の新規開店等ができるようになっており、何かと有利な資格として注目をされています。
薬剤師のブランクに関する問題ですが、これは、既婚女性が職場復帰をして周囲に打ち解けるかどうかという問題といえそうです。調剤薬局、ドラッグストア等では、女性の薬剤師が多く活躍をしています。その中には、既婚者で出産経験が在るという人も少なからず在籍をしているようです。職場復帰あるいは、仕事の現場を相当な期間離れてからの他の事業所への転職をする場合、当該行為者にとってブランクはかなり気になるものとなっています。
ただ、巷には、ブランクの在る薬剤師の人のための転職や就職支援事業者が存在しています。こういう業者の存在は非常に頼もしいとされており、有資格者であれば誰でも無料で登録でき、担当コーディネーターの人は親身になって相談に応じてくれます。また、支援業者だけでなく、ドラッグストア等では「薬剤師ブランクの在る有資格者の方も、相談に応じます」としているようであり、諦めなければ職場復帰は叶うとされています。とはいえ、何よりも、支援業者を先ずは活用すべきであり、職場復帰ができるかどうかを気にしている人は積極的に利用をするようです。

関連ページ

実際に薬剤師として働いた体験談
私の場合は、大学の薬学部を卒業するときに薬剤師の国家試験に合格してから、病院の薬剤師の仕事についたのですが、職場の環境があまり良くなかったために、病院に来ていた薬の卸問屋さんの紹介で…
薬剤師の働き方
薬剤師は医療系の専門職であり、病院をはじめ薬局やドラッグストアなど沢山の場所で活躍されています。近年では、ジェネッリック医薬品などの導入で薬の量が増えたことや、患者様への説明責任が必要…
薬剤師として働く場合のメリットと注意したい所
薬剤師は、薬のスペシャリストであり、ドラッグストアや薬局など活躍の場は多数あります。そこで、薬剤師として働くメリットですけど、自分の努力次第では高給料が期待できるという事です。経験を積んで…